论坛风格切换切换到宽版
  • 15434阅读
  • 107回复

しょぎやうむじやうのせかい [复制链接]

上一主题 下一主题
离线诸行无常

只看该作者 10楼 发表于: 2010-10-17
日本人固有の美意識で、物の哀れに相通ずるものとして「わび、さび」と言う言葉があります。

「わび(侘び)」とは、
わびとは、動詞「わぶ」の名詞形
①    飾りやおごりを捨てた、ひっそりとした枯淡な味わい
②    閑静な生活を楽しむこと。 等・・ 色々な意味があります

「わび」>>「立派な状態に対する劣った状態」>>転じて「簡素な様子」、「粗末な様子」を意味し>> 更に拡大解釈的な意味合いで「貧しい様子」「貧乏」と、変化していきます。
故に、侘 ≒ 貧乏 となる次第でございます。

本来、よい概念の言葉ではなかったけれど、禅宗の影響や茶道・俳諧の理念により積極的に評価され美意識の中に取り込まれていきました。

日本人の特徴一つである 「あまり自己主張をしない」と言うのも、わびの影響があるのかも・・・ (飾りやおごりを捨てると言う、意味合いで)


「さび(寂び)」とは、
さびとは、動詞「さびる」の連用形
(1)    古びて趣のあること。閑寂の趣。さびしみ。しずけさ。
(2)    枯れて渋みのあること。また、太くてすごみのあること

人気(ひとけ)のない静寂 経年変化での寂れた感じ
所謂、古色蒼然・旧態依然で崩壊寸前のものまでも美意識の範囲となります。 

歴史ある建物の修復等において、本来の形・仕様を尊重する様な考え方はさびに通じるものがあるのでしょう~


自然界が循環する輪廻思想を、はっきりとした四季の変化に見出せる日本の風土が、日本人の美意識に大きな役割を果たしたのでしょうか?
それとも風土に関係なく、DNAとして存在していたのでしょうか?
离线鳳凰蒼海

只看该作者 11楼 发表于: 2010-10-19
わび さび わさびちゃん~~
离线suzumenoko

只看该作者 12楼 发表于: 2010-10-19
引用第11楼鳳凰蒼海于2010-10-19 21:08发表的  :[表情] わび さび わさびちゃん~~

かわいい!!


諸行無常様へ:
DNAもあるかもしれませんが、日本の風土が日本人の美意識に影響するところが大きいのではないかと思います。
細やかな自然が細やかな感情の揺りかごになっているのではないかと・・・。

---読み直したら、なんか元の記事の主旨とずれたコメントでした。ごめんなさい。(>_<)
細やかさとかじゃなくて、輪廻思想と四季の循環の関連ですよね。
[ 此帖被suzumenoko在2010-10-20 15:07重新编辑 ]
离线诸行无常

只看该作者 13楼 发表于: 2010-11-27

紅葉が有終の美から滅びの美へと移行しました

秋の紅葉が華やか様子から、葉や木々が最期を精一杯演じひっそりと淋しく散り行く姿に、終焉の美・滅びの美を感じるのでございます。
「必衰の理」つまり「諸行無常」に、はかない美しさを感じるのが「滅びの美学」
あらゆるものに初めと終わりがあり、栄枯盛衰をその一生に見出し、盛りの過ぎた朽ち果てる直前に物悲しい美しさを感じる。

人の生き様に於いても滅びの美学と言う言葉はよく使われます。
「滅ぶ」ことが美しいのではなく「滅ぶこと」の「覚悟」に、美しさを感じるのではないのでしょうか? 必ず「死」がやって来る!永遠は存在しない!! かならず「滅ぶ」のであれば、戦わずして座して死を待つより、覚悟を決めて戦うことを選択した方が美しいのではないか 義のためには勇んで死に逝く滅びの美学が最も古くから日本人の精神に根付いた考え方でしょう~

「武士道とは云うのは死ぬ事と見つけたり」と言う有名な言葉があります。


まっ! 行動による滅びの美学と自然の摂理による滅びの美学を同一視することは出来ませんけどね~

紅葉のように次第に朽ちて散り行く姿と、桜の様に盛りからいきなり散り始める姿では,どちらがより強い滅びの美を感じますか??
    合掌  阿弥陀仏~~
离线suzumenoko

只看该作者 14楼 发表于: 2010-11-28
戦わずして逃げる、とか、戦わずして降参する、とか、何が何でも生きる、とか、みっともなくても生きる、という方がいいかもと思う今日この頃。

まっ、諸行無常さまもおっしゃるように、自然の美学と行動の美学は別にして、私は無難に自然の美学だけに身をゆだねることにしましょう。

強く滅びの美を感じるのは、やっぱり桜でしょうか。
桜には美しさと同時に怖さを感じます。桜の木の下には死体が埋まってると言った作家(詩人?)がいましたが、さもありなん。


离线诸行无常

只看该作者 15楼 发表于: 2010-12-31


津々浦々の除夜の鐘 諸行無常の響きあり


鐘の音は余韻が小さくなり消えていく事に、あわれさを感じるのですが・・・
特に除夜の鐘に悲壮感を感じるのは私だけでしょうか?
幼い頃に聴いた夕暮れの時を告げる鐘の音こともあり、夜になると言う重くて暗いイメージが心に焼き付いてしまいました。
某テレビ局の「行く年来る年」ではよく永平寺が紹介されます。ここの鐘の音は心に染み入るようでございます。

正月行事はほとんどが神事であり あの時、神事が廃止・禁止されていたら、どんな正月風景になっていたのでしょうか?
仏教だけでは、華々しく賑やかな行事は少ないですからね~ 

今年も、遠くから聴こえる鐘に耳を傾けたいものであります。

   合掌  阿弥陀仏~~

只看该作者 16楼 发表于: 2011-01-03
ハッピーニューイヤー2011~~~ 
そして、ブログ開設2年目おめでとうございます

除夜の鐘の一般参加って 撞く人によって、鐘の音強かったり、弱かったりして、バラバラ~~  
その結果 諸行無常度がさらにアップした~ と感じるのは 私だけでしょうか?
离线suzumenoko

只看该作者 17楼 发表于: 2011-01-04
年末に、せめて玄関まわりだけは、と、冷たい水に手をかじかませながら掃除をし終わり、お飾りをつけるその瞬間、
「あ、年末の大掃除って、“きれいにするため”じゃないんだ!宗教なんだ!」
と悟りました。(悟るのが、ちと、遅い・・・^^;)

日本の年越しには、やっぱり除夜の鐘。粛々と新年を迎えるのが似合うようです。


新年あけましておめでとうございます
今年も何卒よろしくお願いいたします

离线六瀬貴人

只看该作者 18楼 发表于: 2011-02-26
2月も終わろうとしてるのに・・・    次作はまだですか?? 


离线诸行无常

只看该作者 19楼 发表于: 2011-02-26
では、お言葉に甘えまして

あわれかな 明日をも知れぬ 藪椿

椿は、他の花のように余韻を残しながら散り行く滅びの美学を見せることなく落ちてしまいます。

見た目では、まだ盛りなのに・・・ 地面に敷かれた真っ赤な絨毯 いとあわれ
 哀れと言うより勿体無いことでございます。

これもまた、無常な世界と同じ事ではないでしょうか?

   花の命は短くて 苦しき事のみ 多かりき

 合掌  阿弥陀仏~~